ソフトカプセル

ソフトカプセルについて

※画像は一例です

ソフトカプセルとは

ソフトカプセルは、19世紀前半のフランスの薬剤師Mothesらによって発明されたもので、非水溶性の液体(オイル)、または、粉末含有液をゼラチンで包んだ密封性・安定性に優れた製品形態です。ゼラチンは、牛皮か豚皮由来のものを使用します。

内容物をゼラチンで密封し、精製植物油等を内容液のべースにしますので、空気中の湿失を防ぎます。また、内容量の臭いや異味をカプセル内に閉じ込めることができます。

特徴

ソフトカプセルの皮膜は内容液を密封して製造するので内溶液の酸化や成分の劣化が少なく内容物の安定性に優れています。

さらに、カプセル皮膜であるゼラチンは体内で素早く溶けて内溶液を放出するため消化吸収性にも優れています。

形状と充填量

形状オーバル(OVAL)
1号2号
充填量280mg~350mg220mg~280mg

企画例

企画例1

にんにくと卵黄をブレンドし、さらに卵黄油を配合。においが気にならず飲みやすいソフトカプセルに仕上げました。

企画例2

黒酢もろみさらに、青森県産の津軽福地ホワイト六片にんにくを贅沢に配合したソフトカプセルです。

剤型の種類

京都真創では下記の剤型を使って健康食品を製造することができます。
剤型の特徴につきましては画像をクリックすると詳細がご覧いただけます。

健康食品・サプリメントに興味がある方は
お気軽にお問合せください