打錠(タブレット)

打錠(タブレット)について

※画像は一例です

打錠(タブレット)とは

打錠(タブレット)とは、粉末を圧力で押し固めて飲みやすくしたものです。他の剤型に比べてローコストに企画できる場合が多いです。

目的に応じて糖類でコーティングした糖衣錠、樹脂等でコーティングをかけたコーティング剤、そのまま噛んで食べるチュアブル錠などがあります。

特徴

打錠(タブレット)は、粉の状態のものを、打って固めたものです。この形状は、他にもお菓子や入浴剤にも使われるくらい一般的な形です。

  • 製法が単純なので、大量生産、低コストに適している。
  • 粉末を高い圧力で圧縮しているので、小さくできる。(形が小さいので飲みやすい。)
  • 栄養素を高含有できるため、果汁等での味付けがしやすい。

などの特徴があります。

企画例

企画例1

グルコサミン、鮫軟骨抽出物(食用コンドロイチン)、MSM、デビルズクロー、コラーゲンを配合した飲み易いアップルテイストの打錠(タブレット)です。

企画例2

カルシウムをメインにカルシウムと相性の良いマグネシウム、ビタミンDをバランス良く配合した栄養機能食品です。

剤型の種類

京都真創では下記の剤型を使って健康食品を製造することができます。
剤型の特徴につきましては画像をクリックすると詳細がご覧いただけます。

健康食品・サプリメントに興味がある方は
お気軽にお問合せください